坂戸ギタークラブ・トップページへ戻る

オンライン会議マニュアル
−坂戸ギタークラブ・オンライン会議チャレンジレポート−

※このページは、坂戸市入西地域交流センターサークル「坂戸ギタークラブ」が公開しています。

コロナ感染拡大による活動休止の中、当クラブは、オンライン会議にチャレンジしました。

活動休止でサークルのまとまりが薄れるのではないかという心配がありましたが、
オンライン会議により、会のまとまりを維持することができました。

オンライン会議は、活動再開後も、打合せなど、なくてはならないものになると思われます。

このサイトは、会議開設過程で、当クラブが作成した会議マニュアルをまとめたものです。

外出自粛で人と話す機会が減り、物忘れが増えたと感じている高齢世代の実態も報道されました。

公民館サークル、個人グループで、オンライン会議(交流会)を計画されてはいかがでしょうか。
このサイトが、オンライン会議開設の参考になれば幸いです。

オンライン会議開始手順

はじめに、会議を主催(開設)するオンライン会議担当者を決めます。
会議担当者以外の構成員が会議の参加者になります。

(以下、会議担当者を「主催者」、会議担当以外の会員を「参加者」として説明します。)

オンライン会議に向け、会議ソフトのインストールなどの準備をします。
会議ソフトは、ZOOM(ズーム)を使います。

次の1から3の手順で、オンライン会議を進めます。

1.主催者・参加者、共通の準備

2.主催者の準備

3.主催者・参加者、オンライン会議の開始


お問合わせは、坂戸ギタークラブトップページ からお送りください。