オンライン会議マニュアル・トップへ戻る

2.主催者の準備

(1) ZOOMアカウントの取得

ZOOMに登録するメールアドレスを準備します。

ZOOMのウェブサイトを開きます。 https://zoom.us/
画面上段の「サインアップは無料です」の文字列をクリック、
メールアドレス、パスワードなどを入力し、ZOOMアカウントを取得します。

ZOOMから送信されるメールを確認すると、ZOOMアカウントデータページが開きます。

この時点で必要なデータは、
登録したメールアドレス(サインイン用メールアドレス)とサインインパスワードになります。

※ZOOMアカウントデータページは、次の方法でいつでも開くことができます。
  ZOOMのウェブサイトを開きます。https://zoom.us/

ページ右上に「サインイン」と表示されている場合は、この文字列をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力し、サインインします。
「サインイン」と表示されてない場合は、既にサインイン中ですので、ページ右上の「マイアカウント」をクリックするとデータページが開きます。

(2) ZOOMのサインイン確認

ZOOMを起動し、サインインしてみます。

Start Zoom アイコンから、ZOOMを開き、「サインイン」ボタンをクリックします。(写真)

メールアドレスとパスワードを入力し、サインインすると、ZOOM会議開始画面(写真)が開きます。

(3) 会議開始データの確認

このZOOM会議開始画面で、会議を開始するときに必要なデータを確認します。

ZOOM会議開始画面内「新規ミーティング」ボタンの右側の小さい矢印をクリックします。

10桁の数字、「マイパーソナルミーティングID」にマウスポインターを合わせると、右に選択肢が表示されます。この中の、「招待のコピー」をクリック(コピー)し、このデータを、メモ帳、ワードなどに貼り付けて保存しておきます。

この「招待データ」を参加者にメールで知らせ、オンライン会議を行うことになります。

(4) 「招待データ」の確認

「招待データ」の内容を確認します。

「招待データ」の、「Zoomミーティング参加アドレス」を通知すると、参加者は、メールに書かれているミーティング参加アドレスにアクセスし、会議に参加します。

「招待データ」の、「ミーティングID・パスワード」を通知すると、参加者は、ZOOMを起動し、ミーティングIDとパスワードを入力し、会議に参加します。

※パソコン初心者の会員がいる場合は、「Zoomミーティング参加アドレス」を通知する方がトラブルが少ないと考えられます。
以下、説明は、「Zoomミーティング参加アドレス」を通知するとして、進めます。

(5) 「ズーム主催者用操作マニュアル」の確認

ズーム主催者用操作マニュアルを印刷しておきます。
ズーム主催者用操作マニュアルダウンロード

(6) 会議テスト

パソコン端末を主催者、スマホ・タブレット端末を参加者とし、パソコンからスマホ・タブレットへ、「Zoomミーティング参加アドレス」を送信します。

「ズーム主催者用操作マニュアル」の手順に従い、オンライン会議テストを行います。

この時、ハウリングに注意します。ハウリングとは、マイクとスピーカーが近くにあると起こる現象で、「キーン」という音がスピーカーから出ます。

会議テスト時に、パソコンとスマホ・タブレットが近くにあると、ハウリングが起こります。スマホ・タブレットをパソコンから離す、また、別室に移動してテストします。

会議テストは、繰り返し行うことをお勧めします。

(7) 参加者へ、オンライン会議実施日時と、「招待データ」をメール連絡

参加者に、メール連絡します。

メールには、オンライン会議実施日時と「Zoomミーティング参加アドレス」を記載します。また、会議実施時間になったら、メールに書かれているZoomミーティング参加アドレスをクリック(タップ)し会議に接続するよう、付け加えます。

※以上で、主催者の準備終了です。
オンライン会議マニュアル・トップへ戻り、次の手順に進みます。

オンライン会議マニュアル・トップへ戻る